サッシ、窓の掃除はこれで決まり!

家の掃除で一番苦手な箇所1位はサッシ、窓だそうです。
確かに幅の狭い溝があったり狭い箇所なのに砂ぼこりがたっぷり付いてたり。
大変です。でもそんな面倒な場所でも気持ちよく掃除するテクニックがあります。
まずは網戸です。網戸は網状になってる事から拭いても拭いてもなかなか汚れが落ちず、ある程度落ちたらそれでよしとする方も多いと思います。
しかし、本当はできるならピカピカにしたいですよね。
網戸の掃除に便利なのはお風呂で体を洗う時に使用するナイロンタオルです。
ナイロンタオルを水に濡らし軽く絞った状態で優しく網戸を拭くと網目に挟まっているホコリも綺麗に拭き取れます。
この時普通の雑巾と挟み込む様にして拭くと効果は抜群です。
サッシの溝は定規がおすすめ。
割り箸に雑巾を巻き付けるやり方も良いですが、定規に雑巾を巻き付けてサッシの溝を拭き取ると汚れが綺麗におちます。
定規は割り箸よりも角があるため、より丁寧な掃除が可能になります。
ぜひお試しください。

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングに依頼するのは恥ずかしい事?

ハウスクリーニングや家事代行を依頼する事は恥ずかしい事と思っている主婦の方がいます。
家事もろくにできないのかと思われそう。
手抜きしていると思われそう。
そういう理由と聞きましたが、今はそんな事は全然ありません。
今は自分の時間を効率よく使う事が重要だと思いますし、むしろプロのハウスクリーニングに依頼し普段できない掃除を行う事は家を守る主婦として素敵だと思います。
普段の火事とプロのハウスクリーニングによる掃除は別と考えていただくのが正しいと思います。
家を大切に使っていきたい気持ちがあるからこその依頼だと私は考えます。
今はハウスクリーニングは業者も増え、けして大きな出費にはなりません。
もちろん全室オールクリーニングとなるとそれなりの時間と予算がかかりますが、キッチンだけ、お風呂場だけなどピンポイントの依頼はむしろ年に1度は必要だと思います。

ハウスクリーニング

大掃除を楽に

今年もあと2ヶ月となりました。
年末に待ち受けているのが大掃除ですね。
しかし、事前に汚れを落としておけば年末の大掃除がずいぶんと楽になります。
でもわざわざ新しい掃除グッズを買い足す必要ありません。
身近な物を使って楽しく掃除ができますのでご紹介します。
まずはジップロックです。なかなか汚れが落ちないガスコンロのゴトクもジップロックに洗剤、お湯とともに入れて漬け置きしておくといつものスポンジで軽く汚れを落とす事ができます。
ジップロックなら空気を抜いて密閉にできるので必要最低限の洗剤とお湯だけで漬け置きが可能です。
もう一つはドライヤーでもこれも掃除に大活躍します。
同じく頑固な汚れが多いキッチンですと汚れの部分に洗剤を塗り、その上をラップで覆います。
そのラップの上からドライヤーで温めると汚れが浮かび、強い力を加えなくても汚れが落ちる様になります。
この方法はお風呂場のカビ落としなどにも応用できるので覚えておくととても便利です。

ハウスクリーニング

エアコンの汚れを軽減するには

エアコンの本格掃除はシーズンごとに行う事が理想ですが、普段ひと手間するだけで日常の汚れを抑える事ができます。
エアコンの上には空気を取り込む場所があります。。
稼働中はこの上の部分から空気を取り込み、温めたり冷やしたりして送風口から吐き出します。
この空気をエアコン内に取り込む際、もちろん空気中のホコリも取り込んでしまいます。
そうなっても問題ない様にエアコン内にはフィルターが備えられているのですが、なかなかこまめにフィルターの掃除をする時間もないと思います。
そういう場合、エアコンの空気を取り入れる箇所にホコリを防ぐための目の細かいフィルムが市販で売られています。
これを貼っておくだけでエアコン内にホコリが入りにくくなり、ワンシーズン終えても内部のフィルターが綺麗なまま保てます。
ホコリはエアコン内のカビの原因や故障の原因にもなりますので、なるべくエアコン内にホコリを入れない工夫をする事が大きなポイントになります。

ハウスクリーニング

いつも使っている掃除アイテムは危険?

掃除をする時、汚れがよく取れる事から人気の高いメラミンスポンジ。
メラミンスポンジと聞いてもピンとこない方が多いと思いますが、今やどこにでも売っているあの白いスポンジです。
水を含ませてこするだけで汚れが落ちるスポンジですね。

しかし、メラミンスポンジは誤った使い方をするととても危険です。
メラミンスポンジは顕微鏡で見ると良く分かるのですが、細かな網の目の形になっており、この網目状を活かして汚れを削り取っているのです。
中にはこのメラミンスポンジを使って歯のステイン汚れを取る人もいるようですが、これはとても危険です。
たしかにメラミンスポンジで歯を磨くとコーヒーなどで汚れたステイン汚れが取れます。
歯科に行かなくても簡単に歯を綺麗にできると思ったら大変です。
メラミンスポンジは削り取って汚れを落としているという事は葉の表面を削っている事になります。
結果歯の表面のエナメル質が無くなってしまい歯に大きなダメージを与えます。

その他同じ理由から使用できない物があります。
例えば樹脂の浴槽やフローリングなども使用しない事をオススメします。
削れた部分に汚れが付着しやすくなったり、耐久性に影響が出る場合もあります。

メラミンスポンジを使う場合はどんな物に使用できてどんな物に使用できないのか把握した状態で使用する事をおすすめします

ハウスクリーニング

お客が安心できる店づくり

コロナ禍で今はまだまだ外食に抵抗がある方も多いと思います。
ソーシャルディスタンスが守れてる飲食店ですら売り上げが完全に回復したというオーナーは少ないのが現状です。
今飲食店のお客が求めているのは「菌のない安全な場所」です。
飲食店が「菌のない安全な場所」になればお客は入るという事になります。
こまめなアルコールでの拭き掃除、除菌スプレーなどみなさん頑張っています。
しかし、業者を入れて本格的な店内クリーニングを行っているお店はまだまだ少ないです。
売上が落ちてるのにそこまでお金を使えないよと声が聞こえてきそうですが、先日私が某レストランに行った時、
店の外と店内のレジのところに「〇月〇日、清掃会社にて店内のクリーニング、コーティングを行いました。」と張り紙がしてありました。
それを読んだ時、そのお店に対して大きな安心感がありました。
求めていた事が書かれていたからです。
今飲食店に必要とされいるのはインスタ映えではないのです。
「安全か」「安全ではないか」なのです。
飲食店がまた活気で満ち溢れる光景になる事を祈ります。

店舗クリーニング

コロナ禍を利用したオフィスクリーニング

コロナの影響で自宅勤務を設けている会社が多いかと思います。
日中社内にいる社員の人数か少ない今、できる事をしてみませんか?
それはオフィスクリーニングです。
オフィスクリーニングと聞くと社員が出勤してくる前に行うまたは深夜の時間を使ってやるのでは?
と思っている方も多いですが、オフィスクリーニングは内容によってはみなさんが出勤されている日中の時間でも行う事が可能です。
また今の時期ですと単に汚れを落とすだけのクリーニングだけではなく、汚れの付着を軽減させるコーティング加工や殺菌除菌などの
サービスを行っている業者も増えてきています。
普段除菌できていない部分なども一度に行えるため、コロナ禍の今、需要が増えてきています。
社員が多くなかなか日中に業者を入れる事ができなかった会社さんが今この時期にオフィスクリーングの依頼をしています。
オフィスクリーニングで社員が安心して出勤できる会社つくりをしませんか?

オフィスクリーニング

秋の害虫駆除

春から夏にかけて活発に活動していた害虫たちは秋になると越冬の準備に入ります。
ここでしっかり害虫をたたいておく事をおすすめします。
まずは「アリ」アリ駆除の様の薬剤はホームセンターや薬局にたくさん売っているわりには満足いく効果があまり得られないといいます。
その理由は販売している薬剤に原因があるのではなく、適した薬剤ではないからです。
一言にアリと言ってたくさんの種類のアリがいますよね。
何のアリに効果があるのか全て異なるからです。なので1種類の薬品ですべてのアリを一気に駆除!!って期待はできないのです。
シロアリと言っても白いシロアリだけがシロアリではありません。
シロアリ用の駆除剤を買ったのにどうしてまだ出てくるの?と思っている方が多いのはある意味当たり前なのです。
市販の害虫駆除剤は全く効果がないというわけではありませんが、完全な駆除を目指すには厳しいのです。
駆除したい害虫の種類をしっかり把握していない限り、適した駆除剤を選べないという事です。
しかし、害虫駆除の業者に依頼すると適した駆除剤、適した駆除方法で行うので無駄なく駆除したい害虫をやっつける事ができます。
もし、ご自身で駆除剤を買ったものの効果に満足がいかなかった方、一度プロの技術をためしてみませんか?
お金も動力も無駄にしなくて済みます。
アリの他にもゲジゲジ、蚊、蜂、カメムシなどどんな害虫もの対応できるのも心強いです。

害虫駆除

油汚れは冬になる前に

キッチンの大掃除は年末の大掃除の時にしかしない。
もしくは年末と年中の6月の年2回しているいう方が多いようですが、実はキッチンの大掃除は寒い冬ではなく、
夏から秋にかけて行うのがベストです。
キッチンと言えば油汚れです。
油汚れは湿気の多い環境だと落としやすいので季節でいうなら夏から秋になります。
寒くなり湿気の多い季節から乾燥した空気の季節になるとキッチンの油汚れは固まり、落ちにくくなります。
プロのクリーニングにキッチン掃除を依頼した時も夏(秋)に依頼した方が早く作業が終わります。
汚れの特徴を理解すれば掃除するタイミングが分かり、効率よく綺麗にする事ができます。
フローリングに付着している皮脂汚れも同様と言えます。
目にはなかなか見えないフローリングの皮脂汚れですが、夏は足の裏にもたくさん汗をかきますし、
フローリングに座っている時も洋服を通して少しつづ汗による汚れが付着しています。
こまめにフローリングの掃除をしている方なら問題ないのですが、掃除機しかかけない方はフローリングの掃除も今(夏から秋)がいいタイミングになるのでぜひクリーニングをお勧めまします。
フローリングの板と板の隙間をよく見てみて下さい。
普段気か付かなかった汚れが埋まっているのが見えると思います。
本格的なクリーニングをしたい方はハウスクリーニングに依頼すると良いでしょう。
きっと見違える様にピカピカになるでしょう。

キッチン台所クリーニング

エアコン掃除の季節です。

今年はコロナ禍で自宅勤務の方も多かったのではないでしょうか。
そして今年の夏も連日の猛暑。
地域によっては気温40度を超えた日もあり、ニュースでも毎日の様にエアコンを使用する様に伝えていました。
今年の夏はそういう理由からほぼ24時間エアコンを付けていたご家庭が多くかと思います。
私も夜寝ている間もエアコンを使用していました。
そうなるとエアコンはもうお疲れですね。
今年の夏はいつもよりも稼働時間が多かった事から内部の汚れもその分多くなっています。
湿気が多い夏なのでカビの発生もあります。
秋である今がエアコンのメンテナンス、クリーニングをするいいタイミングです。
稼働を一旦お休みしているこのタイミングがいいチャンスです。
次回エアコンを稼働さすのは11月から12月あたりにあると思いますので、次の稼働時期の前にエアコンは万全にしておきましょう。
最近は自分でエアコンクリーニングをできるお掃除道具やスプレー洗剤が売っていますが、やはりそれは間に合わせの掃除になってしまいます。
もちろんそのようなこまめな掃除は大切ですが、季節のふしめにはプロによる本格的なクリーニングがおすすめです。
2台ならお得などお安くできる業者も多いので検索してみる価値はありますね。

エアコンクリーニング